福岡県北九州市八幡西区大浦1-13-2

2023年10月23日 月曜日

11月の休診日のおしらせ & 歯みがきのはなし

11月の休診日は、
11/3(祝・金)、19(日)、23(祝・木)
—————————————————-

院長不在
11/7、14、21、28
(午前不在:11/17)
(午後不在:11/1、8、22、29)

副院長不在
11/2、9、13、16、30
(午後不在:11/15)

—————————————————–

歯みがきのはなし
~~~~~~~~~~~~

最近では、犬猫の健康のため
歯みがきをされる方が増えてきました:-)

ぜひ、
効果的・安全な方法でおこなってほしいと思います./
当院でも、お口の中をみて
その子に合った歯みがきのアドバイスをさせていただきます.
お気軽にお声かけください././

①歯ブラシは適切でしょうか
ヘッドの大きさ、毛束の密度・硬さなど
磨きたいところに対して合っているか要チェックです

②力加減は適切でしょうか
なかなか難しいですが、
力が強すぎると逆に歯肉を痛めてしまうことも。。
ペンのように持つと余計な力が入りにくいです

③磨きたいところは歯周ポケット
隙間をほうきで掃くイメージで◎
歯の表面も大事ですが、なにより歯周ポケット./
優先的に磨いていきましょう.

~~~~~~~~~~~~

看護師 松田

投稿者 ゆみこ歯科クリニック | 記事URL

2019年7月12日 金曜日

犬と猫の乳歯について

一般的に、イヌやネコの乳歯は生後1~2か月で生え始めて、5~7か月齢で永久歯へと生え変わります。

 

ヒトは乳歯が取れてから永久歯へと生え変わりますが、イヌやネコでは永久歯が生えてる最中に乳歯が脱落します。
よって、
永久歯への生え変わりの時期を過ぎても残っている乳歯(特に犬歯で多い)は、

①永久歯の不正咬合

②歯周病の原因

となる可能性があるため抜歯の対象となります。

 

乳歯の発見時期が遅いと抜歯をしても永久犬歯の不正咬合を防げないことがあるため、残存している乳歯は適切な時期に抜歯することをお勧めします。

投稿者 ゆみこ歯科クリニック | 記事URL

2017年12月6日 水曜日

歯が多い

上の写真のわんちゃんは、
歯が多いということで来院されました。

上下とも
外側の列の歯が乳歯
内側の列の歯が永久歯です。

正常では、
生後6ヶ月頃までに
乳歯が抜け、
永久歯がはえてくるのですが、
乳歯が抜けずに残ることがあります。

乳歯残留と言います。

体重5Kg以下の超小型犬に多く見られます。
上の写真のように多数の乳歯が残ることは少ないですが、
犬歯の乳歯が残っている小型犬はよく見ます。

歯並びが悪くなったり、
歯垢歯石がつきやすいなどのため、
生後6ヶ月をすぎている場合は、
早めに乳歯抜歯をお勧めします。

一般的には、
不妊手術と同時に行うことが多いです。

詳しいことは、
当院に直接お聞きください。

投稿者 ゆみこ歯科クリニック | 記事URL

カテゴリ一覧

  • ブログ (112)