福岡県北九州市八幡西区大浦1-13-2

ANIMAL BLOG

ご相談

2014年4月28日 月曜日

麻酔は危険なのか?

上の表は、酪農学園大学の山下和人先生が
CLINIC NOTE No.62に発表されたものです。

犬や猫に不妊手術をするとか、歯石除去等を行う場合、
どうしても全身麻酔が必要になります。

その場合、皆さんがご心配なことは、
全身麻酔は危険ではないのか、ということだと思います。

どの程度の麻酔の危険性があるかを知るには、
健康状態、年齢等,各種検査結果によって
その動物の全身状態のランク分けをします。

ASAのクラス分類

クラスⅠ 疾患のない正常な状態
クラスⅡ 軽度の全身疾患のある状態、老齢,新生児
クラスⅢ 中等度の全身疾患のある状態
クラスⅣ 重度の全身疾患のある状態
クラスⅤ 24時間以内に死亡することが予測される状態

上の表でわかるように
クラスによって死亡率が変わってきます。
(クラスⅠで0%、クラスⅡで0.47%、クラスⅢで6.0%、     
 クラスⅣで22.2%)

この死亡率を多いと見るか、少ないと見るか。
人によってその判断が変わってきます。

そして上の表はあくまで酪農学園大学での統計ですので、
すべての動物病院が同じだとはいえません。

死亡率を低くするためには、麻酔薬の選択等、
色々な事を考慮しながら行わなければいけません。

具体的なことについては、直接当院にお聞きください。

 

投稿者 有限会社森どうぶつ病院 | 記事URL

2014年4月2日 水曜日

おやつを与えてよいでしょうか?

image1 image2

上の写真は、当院で販売している犬用のおやつです。

犬の飼い主の方に、
おやつを与えていいですか?
又は、どんなおやつを与えたらいいですか?
と、聞かれることがあります。

以前は、「犬のおやつはいっさい与えないでください。」
と指導していましたが、まったく与えないというのは難しいようですので、
推奨できるおやつを院内で販売するようにしました。

皆さんに知っておいてほしいことがあります。
おやつの種類、与え方によっては死亡することがあるということです。

高脂肪のおやつをやりすぎると、胃腸障害を起こしたり、
また、急性の膵炎を起こして最悪の場合、死亡することがあります。

「一日2本しかやっていません。」と言われることが多々あります。
しかし、体重3Kgのワンちゃんがおやつ2本(個)食べるということは、
体重60Kgの人が40本(個)食べることと同じ割合になります。

人間が毎日40本(個)もの高脂肪のおやつを食べれば、
おそらく同じように胃腸やすい臓がおかしくなると思われます。

どうしても与えたい場合は、その種類と、量を考えましょう。

わからない点は、当院にご相談ください。



 

投稿者 有限会社森どうぶつ病院 | 記事URL